公園・観光地

のんびり過ごせるとっておきの場所や愛犬と遊べる公園など、リフレッシュスポットをご紹介♪晴れた日にはぜひとも行ってみて下さい!

大田黒公園

写真


大田黒公園は、音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地に、杉並区が日本庭園を整備して、昭和56年10月1日に開園しました。



所在地



杉並区荻窪3丁目33番12号

面積



8972.31平方メートル

主な施設



日本庭園、茶室、記念館、休憩室、催し物広場、芝生広場、駐輪場


回遊式日本庭園


園内中央にある建物の裏側にある井筒より流れが始まり、次第に幅を広げて、池に注ぎます。

住所 東京都杉並区荻窪3-33-12
TEL 03-3398-5814

善福寺川緑地

写真

当地は、善福寺川が蛇行し、氾濫したり自然に溜池ができたりと、昔から水はけの悪い土地であった。戦後宅地化が進む中、河川を改修し、周囲を公園として整備し、開園された。下流に隣接する和田堀公園が、和田堀池という溜池を中心にしているのに対し、善福寺川緑地は、植物の広場を主体にしており、川と武蔵野の自然が調和した公園となっている。荻窪一丁目の神通橋から五日市街道の尾崎橋までの約1.5キロの間に約400本の桜並木が続き、花見の名所としても知られる。

公園内全域が東京都の広域避難場所に指定されている。

住所 東京都杉並区成田西一丁目30番27号
TEL 3313-4247
HP http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index021.html

善福寺川

写真

杉並区の善福寺公園内にある善福寺池に源を発する。杉並区を北西から南東に貫くように流れ、中野区の地下鉄丸ノ内線中野富士見町駅(中野検車区)付近で神田川に合流する。

中流の川沿いには都立善福寺川緑地と都立和田堀公園が全長約4.2kmに渡り整備されている。但し、これら整備された公園以外の河川敷の歩道は非常に狭い為、通行時のすれ違いには注意が必要である。なお、自転車同士のすれ違いが困難な所もある事から、この様な場所では地元の人以外が立ち入るのは稀となっている。

お客様の声
物件リクエスト

このページの上部へ